勉強法 国語

小論文で採点者の目を引く文章を書く方法

小論文の準備をしないのはもったいない!

受験勉強と言うと数学や英語が頭によぎると思いますが、軽視されがちなのが『小論文』です。

京都府の公立高校中期選抜では小論文はありませんが、前期選抜や私立入試なんかでは受験科目に採用されている学校も少なくありません。

大学入試では、小論文だけで入れる学科まであります。

 

内申点を1上げようと思うと、普段の定期テストでものすごく頑張らないといけません。

そう考えると、小論文で他の受験生よりも1点高くとるために準備をするのは、コスパの良い勉強法だと言えるかもしれません。

 

もちろん小論文の配点はそんなに高くないですし、差のつきづらい受験科目なので、主要5教科をないがしろにしてはいけませんが、小論文の準備をせずに受験に向かうのもそれはそれでもったいないと思います。

 

まずは減点されないようにしよう

小論文は差がつきづらいと言いましたが、明確に差がつくケースもあります。それは絶対にやってはいけないミスをして減点されることです。

良い文章を書いて加点、というのは難しいかもしれませんが、減点だけは絶対に避けなくてはなりません。

 

ですます調かである調か

小論文を書くときに一番気を付けないといけないのが、「ですます調」か「である調」かを統一しなければならないということです。

これがバラバラになると気持ちの悪い文章になってしまい、小論文の点数は確実に減点されてしまいます。

 

やってみましょう。

私はレジ袋の廃止に賛成だ。なぜなら、レジ袋などのプラスチックごみによる環境汚染が大変な問題になっているからです。レジ袋を食べてしまった海洋生物が死亡している例もある。日本では年間に300億枚以上のレジ袋が消費されていると聞きました。これをなくすことは環境問題を解決するために必要である。

気持ち悪いですよね?

 

「~です」や「~ます」のような「ですます調」でも、「~だ」や「~である」のような「である調」でも、どちらで小論文を書いても問題ありません。

しかし、必ずどちらかに統一してください。

 

漢字ミスをしない

当たり前ですが、漢字ミスは絶対にしないようにしてください。漢字ミスがあれば確実に減点されます。

なので、難しい感じを無理やり使おうとして、間違えるくらいなら、ひらがなやカタカナで書くか、別の言葉に言い換えてください。

 

例えば「薔薇」という漢字は難しいので、「バラ」とカタカナにすれば良いでしょう。

しかし、「義務を果たす」という文章を書こうとして、「義務」という漢字が思い出せなかったとしましょう。これをひらがなにして「ぎむを果たす」では小学生の文のように見えてしまいます。

それならばいっそ違う言葉を使って「役割を果たす」のようにした方が良いかもしれませんね。

 

とにかく漢字ミスはいけません。

漢字ミスをなくすためには普段からできるだけ漢字を使って文章を書くことと、いざ漢字がわからなくなった時の為に、同じ意味で言い換えられるように語彙を増やしておくことが必要です。

 

問題に正しく答える

小論文の種類にもよりますが、多くの小論文の問題は、あるテーマがあって、それに対する答えを書く、という形式をとります。

例えば、「レジ袋の廃止に賛成か反対か、どちらかの立場に立って○○字以内で考えを述べよ。」という問題なら、賛成か反対かどちらかに立場に立たなければなりません。

レジ袋は環境に良くないので、廃止にするという考えはわかる。しかし、マイバックなどを持っていない人からしたら便利なので、廃止されると困るという考えもわかる。レジ袋の廃止は難しい問題である。

このようなどちらの立場もとらない文章を書いてしまうと、問題文の指示通りでないので、点をつけられない可能性もあります。

問題に正しく答えるというのは、小論文においても非常に大切です。

 

小論文の型は覚えよう

小論文を書く上で、個性を出すことは大切なのですが、型は覚えていくことをオススメします。

基本的には小論文は「序論」「本論」「結論」の三つで構成されています。この型を崩してしまうと読みにくい文章になってしまうので、まずは型を覚えてしまいましょう。

 

序論

序論は、自分の意見を述べる場です。

先ほどのレジ袋の廃止に賛成かどうか、という問題であれば、「私はレジ袋の廃止に賛成です。」とハッキリと立場を明確にしましょう。

 

本論

ここが小論文の一番大切な部分です。ここであなたの小論文がいかに説得力のある文章になるかどうかが決まります。

基本的には序論で述べた意見に対する理由付けですが、字数が多めに与えられているのであれば、想定される反対意見と、その反対意見に対する回答などを付け足しても良いかもしれません。

 

「なぜなら○○だからです。レジ袋の廃止に反対する方には△△という意見があるかもしれません。しかし□□なので、やはりレジ袋の廃止するべきです。」

といったように、自分の意見の理由付けをしていきます。

 

結論

最後にもう一度はっきりと自分の意見を言って、文章を結びましょう。

「以上の理由から、私はレジ袋の廃止に賛成であり、レジ袋の有料化が決まったことはその第一歩として歓迎すべきことである。」

序論の繰り返しになってしまっても良いですが、少し違った言葉を付け足すと他の受験生との差別化を図ることもできます。

 

ただ、ここで的外れなことを書いてしまうと、蛇足になってしまうケースもあるので、そこは気を付けてください。

 

自分にしか書けない文章を書こう

小論文の指導をする際に私が一番声を大にして言いたいのは、この点です。自分にしか書けない文章を書いてもらいたいのです。

採点者は同じテーマで何人もの小論文を採点しています。よほどテーマから外れた、とんちんかんな文章は別として、7~8割の受験生は似たり寄ったりな文章を書いてきます。

その中でひと際目立つ文章があれば、採点者の目を引くことは間違いないでしょう

自分にしか書けない文章というと難しく感じますが、実はこれは簡単なことです。自分の体験談を書けばよいのです。

あなたの体験はあなたしかしていないのですから、それを書けばあなたにしか書けない文章になります。

レジ袋などのプラスチックごみを食べてしまった海洋生物がたくさん死んでいるそうです。

こんな情報は、少しネットで調べたら出てきます。

プラスチックごみの問題を調べている受験生なら誰にでも書くことができる文章です。

 

一昨年、フィリピンに行った際、海岸に打ち上げられているウミガメを見ました。現地の人たちが必死に助けようとしていましたが、結局そのウミガメは助からず、原因はレジ袋が胃の中で溜まり、エサを食べられなくなったことによる衰弱死だったそうです。消化できないプラスチックごみが大量に海に流れ込んでいるため、このようなことが起こっていると知りました。それ以来私はマイバックを持つようになり、レジ袋をもらうことをやめました。

一方、このような文章は、実際に体験しないと書くことができません。こうした文章は他の受験生には書けないため、採点者の目も引くことでしょう。

先ほど言った通り、小論文の型の「本論」は、具体例などを挙げて文章の説得力を上げる場所です。ここで自分の体験談を書くことができれば、それはあなたにしか書けない文章です。

 

まとめ

小論文は、差のつきにくい受験科目です。しかし、ルールや型を知らなければ減点されてしまい、差をつけられてしまいます。

その一方で、自分にしか書けない良い文章が書ければ、小論文で他の受験者に差をつけられるかもしれません。

 

どちらにせよ、内申点や主要5教科の点数を上げようと思うと大変な労力を必要とします。

少しの準備で減点を防ぎ、加点を狙える小論文を放置してしまうのはもったいないですよ!

The following two tabs change content below.

塾長 増田

学習塾 Step by Stepの塾長。担当は数学と理科、国語。

最新記事 by 塾長 増田 (全て見る)

お問い合わせはコチラ

-勉強法, 国語
-

Copyright© 学習塾 Step by Step , 2020 All Rights Reserved Powered by takeroot.