勉強法 数学

うっかりミスは一生治らない

 

「今回のテストはうっかりミスをしてしまって……」

こういうことを言う人は、毎回同じことを言ってきます。たまたまミスがなくて高得点を取ることがあっても、次のテストではまたやってしまいます。

 

「うっかりミス」は一生治りません。

 

なぜなら、苦手なことは"意識"して練習しないと治らないからです。

自分のミスを「うっかりミス」と呼ぶ人は、「自分はこの問題はできるはずなのに、今回はたまたまできなかった」と考えています。

ということは、それを意識して治そうとはしません。

 

そうするとそのミスは一生治らないのです。

 

一度や二度ならともかく、何度も何度も同じミスをしているなら、それを「うっかりミス」と呼んではいけません。

それは苦手なのか、もしくは解き方を間違っているのです。

 

例えば数学で「うっかりミス」と呼ばれるものの代表といえば計算ミスです。

そして計算ミスをする人の多くは途中式に問題があります。

 

  • ( )をつけるべき場所につけない
  • 計算の順序がめちゃくちゃ
  • 書くべき途中式を省略している

わかった上で省略しているのかと思って、( )をつけて式を書くよう指示してもかけない人がほとんどです。

 

ちょっと教えて、何問か練習させると計算ミスは劇的に減ります。

 

「うっかりミス」をする人は、解き方をわかっていないんです。

知識がないにも関わらず、それを「うっかりミス」と呼んでいては治るはずがありません。

 

哲学の祖といわれるソクラテスは「無知の知」を唱え、儒学の祖である孔子も「これを知るをこれを知ると為し、知らざるを知らざると為せ。是知るなり。」という言葉を残しています。

偉大な学者は「自分は知らないということを理解し、認めることが学問の第一歩だ」と言っているのです。

 

できないと理解しているから、できるようになるために努力します。

「うっかりミス」だと言っている間はそのミスは一生治らないのです。

 

間違えているところは自分の苦手分野だと認めて、それを改善しようと努力すれば簡単に治ります。

「うっかりミス」という言葉をあなたは使ってしまってはいませんか?

 

The following two tabs change content below.

塾長 増田

学習塾 Step by Stepの塾長。担当は数学と理科、国語。
オンライン授業
無料体験のお申し込みはこちら

-勉強法, 数学

Copyright© 学習塾 Step by Step , 2020 All Rights Reserved Powered by takeroot.